北海道 カニ お取り寄せ ランキング

花咲ガニの値段の相場や旬の時期はいつ?足の数は何本あるの?

花咲ガニの値段の相場や旬の時期

 

私たちが購入して食べることができるカニというのは複数ありますが、その中でも今回注目したいのが“花咲ガニ”です。

 

「どんなカニなの?」と、花咲ガニについてはあまり知識がないといという人が多いのではないでしょうか。

 

その名前の由来には、花咲ガニの漁場でもある根室の花咲という地名からきているという説もあれば、茹でた時に赤く花が咲いたように見えるからという説があります。

 

花咲ガニはタラバガニの仲間なのですが、値段の相場なんかはどうなっているのでしょう?

 

花咲ガニの値段の相場は?

 

花咲ガニの値段の相場

 

花咲ガニは、日本では獲っても良い量というのが決まっています。

 

そのため、漁場である北海道の根室以外にはほとんど出回らない“幻のカニ”ということで、少々お値段が高くなっています。

 

そんな花咲ガニの相場の値段というのは、800gで4,000〜6,000円位とされています。

 

日本では北海道の根室沖でしか獲られない花咲ガニですが、外国ではロシアで獲られ、ロシア産の花咲ガニは、日本のものと比べると安めの値段設定になっているようです。

 

最近では水揚量も減っていると言われていますので、北海道産の花咲ガニをゲットできるのは貴重かもしれませんね。

 

花咲ガニの旬の時期はいつ?

 

花咲ガニの旬の時期

 

花咲ガニは水揚量が決まっているので、旬の時期というのも限られてきます。

 

北海道の釧路では3月中旬〜7月末、根室では7〜9月が花咲ガニを獲っても良い時期になります。

 

なので、花咲ガニの旬の時期は、春〜秋までということになります。

 

カニと聞くと旬の時期は冬といったイメージがありますが、花咲ガニは違うということをお忘れなく!

 

花咲ガニの足の数は何本あるの?

 

花咲ガニの足の数

 

花咲ガニの疑問としてよく浮上するのは、足の数は何本あるのか?ということではないでしょうか。

 

カニの足はツメも入れて、全部で10本というイメージがありますが、中には例外のカニもいます。

 

花咲ガニもその例外のカニの1つで、タラバガニの仲間である花咲ガニはカニではなく、ヤドカリに分類されますので、足の数は8本になります。

 

見た目はカニそのものの花咲ガニですが、実際はヤドカリの仲間ということで、足の数は8本しかないというのは驚きですね。

 

とは言え、“幻のカニ”と呼ばれるくらいですから、味に関しては「素晴らしい」と高評価を得ています。

 

1度食べればその味を一生忘れることはない」と言われる程ですので、機会があれば是非食べてみたいものです。

 

茹でた時に見られる、赤く花咲くような姿も見てみたい!と思ったのは私だけではないはず!

 

旬の時期の花咲ガニを「かに本舗」ゲットして、美味しく頂きましょう♪

 

>> かに本舗の口コミを見る