北海道 カニ お取り寄せ ランキング

毛ガニの値段の相場や旬の時期は?足の数って何本?

毛ガニの値段の相場や旬の時期

 

日本人が食べる三大有名ガニの1つに“毛ガニ”があります。

 

体に短い剛毛がビッシリ生えているのが特徴のカニですが、体が小さいながらも身に甘味があって、カニミソが多いとして好まれています。

 

そんな毛ガニを購入する際に値段の相場や旬の時期、足の数なんかを知っておいて損はないでしょう。

 

獲ることができる毛ガニというのは、甲羅の大きさが8cm以上のオスと決まっているので、体が小さい割に少し値段が高いように感じます。

 

毛ガニの値段の相場

 

毛ガニの値段の相場

 

毛ガニの値段の相場は、サイズによって異なります。

 

  • 350g以下:1,500円位
  •  

  • 400〜500g:2,500円〜4,000円

 

このような値段設定があり、一般的に良く食べられている毛ガニの値段の相場は2,500円〜6,000円とされていますので参考までに。

 

北海道のカニのお取り寄せ通販で毛ガニを買う場合には、実際にモノを見られる訳ではないので重さは分かりません。

 

しかし、スーパーなどで実物を見て買う事ができる時は、持ち上げた際に「ズッシリと重いもの」を選ぶようにします。

 

美味しい毛ガニを選ぶポイントとして、身が詰まっているカニほど重いと言われています。

 

また、毛ガニの旬の時期なのですが、旬の時期の毛ガニというのは“堅ガニ”と呼ばれ、中身がギッシリ詰まっていて美味しいとされています。

 

それに反して、脱皮した後のカニは“若ガニ”と呼ばれ、身があまり詰まっておらず、美味しいとは言えませんが、その分値段は安くなります。

 

しかし、悪徳な業者はそんな若ガニを堅ガニと同じ値段で売ったりしていますので、そんな悪徳業者に捉まらないためにも旬の時期をしっかりと把握しておきましょう。

 

毛ガニの旬な時期

 

毛ガニの旬な時期

 

毛ガニというのは、1年を通して旬があります。

 

それは、どこで水揚げされたかによって旬の時期が異なるためで、自分が買おうとしている毛ガニがどこで獲られたかどうかで旬のカニかどうかを見極めます。

 

気になる毛ガニの旬の時期というのは、

 

オホーツク海:春〜夏(3月〜8月頃)、噴火湾:夏頃、釧路、根室沿岸:秋頃、日高沖、十勝沿岸:冬頃、岩手:12〜3月頃

 

このように、獲れる場所によって1年中旬の時期がある毛ガニですから、若ガニをつかまされないように気をつけておきましょう。

 

毛ガニの足の数

 

毛ガニの足の数

 

毛ガニは体に毛が生えているのが特徴なので、他のカニと見間違えることはないとは思いますが、足の数は通常通りの10本です。

 

足の数はズワイガニと同じで、お腹の側面から10本の足が伸びているのも同じなのですが、少し足が短く身は少なめです。

 

しかし、味は絶品ですので、どのカニにも負けず劣らずと言ったところでしょう。

 

美味しい毛ガニを適正な値段で買うためには、旬の時期をしっかりと把握しておくことが大切ですね。

 

>> かに本舗の口コミを見る